バナー1.jpg

​櫻井研究室

詳しくはクリック↑

Integration of Biotechnology, Organic Chemistry, Polymer Science and Physical Chemistry to invent Advanced Biomaterials

IEST.png
IMG_7468_edited.jpg

生命現象は神秘的です。小さな細胞の中で起きている何千もの生体物質の合成とそれと調和して働いている小さなオルガネラの働きを見ていると神様の創造物としか思えない。綺麗な花を美しいと感じ、映画に感動する、人を好きになる、そんな感情や意識が脳から立ち上がって来る。生命現象はとても不思議です。すこし前まで、生命現象は分子が複雑に作用している現象で、化学反応式でほぼ理解可能と主張する人がいました。ある有名な物理学者は、生命現象は単純な方程式で書けるとまで主張しています。その傲慢さが今日の温暖化、環境汚染、コロナ禍を生んだのではないでしょうか。生命の神秘と尊厳を大切にしながら、生命にやさしく語りかけるような未来のバイオテクノロジーを作っていきたいと思います。そのためには、化学と物理、生物などの基礎の3つの分野を大切にしながら、新しい科学の世界を作っていきましょう。 

News & Events

IMG_0872.JPG
学会発表

第71回高分子討論会に参加しました。

秋吉先生_edited.jpg
お知らせ

​拠点化委員会秋吉先生が来訪されました

平島先生 クラファン.png
お知らせ

岐阜大学の平島先生がクラウドファンディングを立ち上げられました

Latest Publications

In cancer chemotherapy, core-cross-linked particles (CCPs) are a promising drug carrier due to their high structural stability in an in vivo environment, resulting in improved tumor delivery. A biocompatible polymer of polyethylene glycol (PEG) is often utilized to coat the surface of CCPs to avoid nonspecific adsorption of proteins in vivo. The PEG density and conformation on the particle surface are important structural factors that determine the in vivo fate of such PEGylated nanoparticles, including their pharmacokinetics and pharmacodynamics. However, contrary to expectations, we found no significant differences in the in vivo pharmacokinetics and pharmacodynamics of the PEGylated CCPs with the different PEG densities including mushroom, brush, and dense brush conformations. On the contrary, the in vivo release kinetics of hydrophilic and hydrophobic model drugs from the PEGylated CCPs was strongly dependent on the PEG conformation and the drug polarity. This may be related to the water-swelling degree in the particle PEG layer, which promotes and inhibits the diffusion of hydrophilic and hydrophobic drugs, respectively, from the particle core to the water phase. Our results provide guidelines for the design of cancer-targeting nanomedicine based on PEGylated CCPs.

お問い合わせ

業務上の都合により、ご返信が遅れる場合があります。ご了承ください。

文部科学省「特色ある共同利用・共同研究拠点」に関するお問い合わせ

ホームページ:https://www.kitakyu-kyoten.com/

メール:t-mimura**kitakyu-u.ac.jp (**は@に変換してください。)

電話番号:093-695-3298(内線2755)

担当:三村

その他お問い合わせ

ご連絡は櫻井をccで事務員宛にいただけると幸いです。​

メール(櫻井):sakurai**kitakyu-u.ac.jp(**は@に変換してください。)

メール(事務員):r-kunitake**kitakyu-u.ac.jp (**は@に変換してください。)

電話番号:093-695-3298(内線2755)